会則

日本漢方生薬ソムリエ協会規約

第一章 名称

本会は日本漢方生薬ソムリエ協会(Japan Kampo Shoyaku Sommelier Association 略称JKSSA)と称する。

第二章 事務局

本会の事務局は、金沢大学医薬保健研究域薬学系分子生薬学研究室に置く。

第三章 目的

生薬を用いた臨床、生薬を使用した各種の製剤において、生薬の品質の確保は極めて重要なものであり、医療の現場においても決して無視できないものである。近年の分析技術の進歩により、生薬の評価にも種々の科学分析手法が応用されているが、現在の科学分析だけでは生薬の良否鑑別において十分とは言い難く、経験や五感に基づく古典生薬学的鑑別も依然として重要な手法である。

しかしながら,生薬学は、既に過去の学問のようにみなされ、古典生薬学はあまり顧みられなくなっている。大学レベルで古典生薬学が教えられなくなった今、それに代わって役割を果たす学術団体の存在が必要とされている。

「日本漢方生薬ソムリエ協会」の主たる目的は、生薬に携わる人の知識のレベルを確保し、それに当たることの出来るリーダーを養成することである。

「日本漢方生薬ソムリエ協会」の任務は、和漢薬のあらゆる方面に関する知識を豊富に有している人に「漢方生薬ソムリエ」の資格を与え共に知識の向上を目指すことである。

各大学、漢方を専門とする医療機関、生薬、漢方製剤の製造販売会社などに、この資格を有する人がいれば、業界全体のレベルの向上と活性化がはかれるであろう。薬学生、大学院生が在学中にこの資格を取れば、就職に有利であろう。延いては、生薬/和漢薬業界全体の学識レベルの向上につながることを期待する。

第四章 事業

本会は前章の目的を達成するため次の事業を行う

  1. 「漢方生薬ソムリエ」養成のための諸事業を行う
  2. 毎年1回「漢方ソムリエ」認定試験を行い、合格者に「漢方生薬ソムリエ」の資格を与える。「漢方生薬ソムリエ」認定試験を行うために、本協会の中に「漢方生薬ソムリエ認定委員会」を設ける
  3. 国内外の学術団体との連携
  4. 研究活動の促進と協力
  5. 将来を担う人材の育成
  6. その他本会の目的達成に必要な事業

第五章 会員

  1. 会員は次のとおりとする。
    会員は本協会が主催する認定試験に合格し、漢方生薬ソムリエ(初級)、漢方生薬ソムリエ(中級)、漢方生薬ソムリエ(上級)の資格を有する者および本会の目的に賛同し、所定の手続を経て理事会で加入を承認されたものとする。
  2. 会員の義務と権利
    1. 会員は和漢医薬学会、日本生薬学会、日本東洋医学会、薬用植物栽培研究会、または日本漢方生薬ソムリエ協会賛助会員団体のいずれかに所属していなければならない。
    2. 会員は本会が主導する研究や本協会主催の学術集会等を指導し、あるいはそれらの会に参加するなど、本会の活動を行う義務と権利を有する。
    3. 会員は年会費1万円、漢方生薬ソムリエ有資格者は3年毎に更新料3千円を納入しなければならない。
    4. 漢方生薬ソムリエ(初級)は毎年1回以上、本協会が主催する講習会に参加しなければならない。ただしこの義務を果たせなかった場合でも理事会で理由および提出した報告書をもって義務と同等と認められた場合はその限りではない。
    5. 漢方生薬ソムリエ(中級)は毎年1回以上、本協会が主催する講習会での講師を務めるか、または講習会を開催しなければならない。ただしこの義務を果たせなかった場合でも理事会で理由および提出した報告書をもって義務と同等と認められた場合はその限りではない。

第六章 賛助会員

  1. 賛助会員は次のとおりとする。
    賛助会員は本会の目的に賛同し、賛助会費を納入することにより本会の活動を援助する団体または個人とする。賛助会員は一年に一口10万円の賛助会費を納入する。
  2. 賛助会員の特典
    賛助会員団体に所属する者および賛助会員個人は本協会主催の講習会等に参加することができる。

第七章 会員資格の喪失

会員は次の理由によりその資格を喪失する。

  1. 本人が退会を届け出たとき
  2. 死亡または失踪宣告
  3. 除名
    除名は理事会で三分の二の以上の多数をもって議決されたときに発効する。
  4. 年会費または更新料を納入しない者
  5. 会員の義務(講習会の参加)を満たさない者

第八章 役員

本会は次の役員を置く。

  1. 理事長 1名
  2. 副理事長2名
  3. 専務理事(事務局長)1名
    専務理事は理事長の業務を補佐し、本会の議事録、会員記録の保存、ホームページの管理、会計などの事務的業務を統括する。
  4. 理事 若干名
  5. 監事 2名、内1名は会計監査員も兼ねる。
  6. 相談役 若干名
  7. 准理事 若干名
    准理事は漢方生薬ソムリエ(中級)資格を有する者で理事会が認めた者。

第九章 役員の選出と任期

  1. 理事長は理事会において理事の互選により選出される。任期は2年とし、再任を妨げない。
  2. 専務理事は、理事長が理事のなかから1名を指名し委嘱する。
  3. 理事の任期は2年とし、理事長が指名委嘱し再任を妨げない。
  4. 相談役は理事長が指名委嘱する。任期は設けない。

第十章 漢方生薬名誉ソムリエ

本協会が、すでに充分な資格を有すると認めた者には「漢方生薬名誉ソムリエ」を授与する。

第十一章 資産

本会の資産は次のとおりとする。

  1. 賛助会員からの賛助会費
  2. 年会費(役員および漢方生薬ソムリエ資格者)および更新料
  3. 寄付金
  4. その他の収入

本会の事業に関する経費は上記の資産をもって支弁し、専務理事が会計を担当する。

第十二章 会則の施行

この会則は平成30年12月31日から施行する。

改正履歴

平成25年5月15日

平成30年12月31日

役員名簿(平成30年度)

理 事 長 御影 雅幸(東京農業大学)
副理事長 小松 かつ子(富山大学)
副理事長 安井 廣迪(医療法人清風会・安井医院)
専務理事 佐々木 陽平(金沢大学)
理  事 藤嶋 英彦(株式会社ウチダ和漢薬)
小川 恵子(金沢大学)
笠原 良二(株式会社ツムラ)
姜東 孝(株式会社栃本天海堂)
近藤 誠三(小太郎漢方製薬株式会社)
小此木 明(クラシエ製薬株式会社)
毛利 千香(富山大学)
准 理 事 宮嶋雅也(株式会社栃本天海堂)
吉田雅昭(小太郎漢方製薬株式会社)
土田貴志(小林製薬株式会社)
浅間宏志(株式会社ウチダ和漢薬)
有田 龍太郎(東北大学)
名誉ソムリエ 小松 新平
相談役 岡田 稔
中田 敬吾(聖光園細野診療所)
花輪 壽彦(北里大学)
監  事 小川 真生(金沢医科大学)
元雄 良治(金沢医科大学)

事務局

〒920-1192 石川県金沢市角間町

金沢大学医薬保健研究域薬学系・分子生薬学研究室内

日本漢方生薬ソムリエ協会

E-mail:kamposhoyaku@gmail.com

事務局長:佐々木陽平(金沢大学)

(銀行口座)

北陸銀行(銀行コード0144)

もりの里支店(店番号341)

口座番号(普通)6014161

名義「日本漢方生薬ソムリエ協会(ニホンカンポウショウヤクソムリエキョウカイ)」